今までに何度か取り上げたことのある配筋検査ですが、今回から少し様子が違います。

blog20090904-01_r

2009年の10月以降完成の物件は、全て瑕疵担保という国が保障する保険に入らなくてはいけません。

その為、施工業者が申請を行い、公共の検査官が構造などの検査に来るようになりました。
その検査官を撮影してみました。 :smile:

検査官とは別に設計事務所でも検査を行います。
構造だけでなく、意匠的なところも深く関わってくるので、大切な検査です。

兵庫県姫路市で自然素材住宅やローコスト住宅の設計を行う一級建築士設計事務所
永森建築事務所ブログ 建築家 永森 靖二
http://www.ynagamo.com/blog/