姫路市大津区H邸の定例打合せに行ってきました。

漆喰を壁に施工する予定の玄関ホールの打合せで、シューズコーナーとの間仕切りを2枚の引き違いの戸に変更する案が上がりました。

現場にある発泡材を現場に貼り付け、立体的な形で打合せを進めていきました。

現場にて打合せを行うことは図面での打合せと違い、立体を全員が理解しながら進める事ができるので、大変有効な手段だと思います。

その分、変更箇所をキッチリとメモしておかないと、どういった経緯で変更になったのかが分かりません。


兵庫県姫路市でシンプルモダンや和モダンの住宅設計を行う一級建築士設計事務所
永森建築事務所ブログ 建築家 永森 靖二
http://www.ynagamo.com/blog/