地鎮祭も終わり、いよいよ現場での作業が始まってきました。

まずは建物の基礎部分の鉄筋が組まれていきます。鉄筋の太さやピッチ、配置が図面通りのものになっているかどうかをチェックするのが「配筋検査」です。

このあと基礎を固めていくので、後でのやり直しは効かない重要なポイントとなってきます。

配筋を見ただけでも大きな建物だということが伝わってきました! :happy01:


兵庫県姫路市でシンプルモダンや和モダンの住宅設計を行う一級建築士設計事務所
永森建築事務所ブログ 建築家 永森 靖二
http://www.ynagamo.com/blog/