blog20090330-01

姫路市N邸の定例打合せに行って来ました。

今回の議題は、床材・クロスなどの色の再確認と内部の木製建具の打合せがメインでした。

N邸は母屋を見せない仕上げとしており、天井部分が大きいため、厚みが薄いクロスではクラック(割れ目)が生じてしまう可能性があります。そこで、壁部分のクロスとは別の厚みのあるクロスに変更しました。

Pタイルについても、メンテナンスなどの問題を考慮し、再度検討することとなりました。このように現場で再確認する事で、自分たちの納得した材料を選定する事が出来ます。

家を建てるためには、沢山の選択をしなければなりません。あまりに多すぎて、何を決めたのか分からなくなる場合が多いので、最終の確認作業はより大切な打合せなのです。

兵庫県姫路市で自然素材住宅やローコスト住宅の設計を行う一級建築士設計事務所
永森建築事務所ブログ 建築家 永森 靖二
http://www.ynagamo.com/blog/