内装クロスの打合せ!

内装クロスの打合せの風景です。

室内の大部分の面積を占めるクロスは相当な量があり、現場で空間がわかってこないとなかなかこれというものを決めることができません。


現場にてサンプルを見て設計事務所の空間への意図を交えながら、内装クロスの色合いの打合せをしています。

クロスにも素材感が前面に出たものやツルっとしたもの、光や影の入り方によってずいぶん見え方が変わるものも多いので、慎重に打合せにて決めなければなりません。


お施主様には、打合せでご用意したクロスのサンプル集を、お持ち帰りして頂き、次回の打合せまでの宿題になります。

建築設計事務所ならではの家造りでお施主様のご要望にお応えいたします。 :happy01:


兵庫県姫路市でシンプルモダンや和モダンの住宅設計を行う一級建築士設計事務所
永森建築事務所ブログ 建築家 永森 靖二
http://www.ynagamo.com/blog/

建築家と大工さん

大工さんと設計事務所の打合せ風景です。

大工さんは実際に空間を作ってくれますので、どのようにしていけばいいか、考えながら設計事務所にたずねます。


材料の張り方をどこを基準にして貼っていくのか、材料間でうまれる目地はどのように見せていくのか、図面だけでは見えにくい部分が空間には現れてくるので、そういう点も特に注意しながら決めていきます。 :happy01:


兵庫県姫路市でシンプルモダンや和モダンの住宅設計を行う一級建築士設計事務所
永森建築事務所ブログ 建築家 永森 靖二
http://www.ynagamo.com/blog/

サッシの打合せ!

図面ができあがり、地鎮祭が済み、第1回目の打合せはサッシの打合せを行います。

サッシの再確認により構造がかわることもあり、その後にプレカットの打合せを行います。

サッシの打合せで決めることは、色、形状、ガラスの種類、クレセント・ハンドルの位置、窓の高さなどです。

サッシによって外観のデザインが決まり、また風と光を取り入れる大切な役割を持っています。

お施主様と業者とメーカーと設計事務所で詳しい内容をチェックし、サッシの発注という流れになります。 :happy01:


兵庫県姫路市でシンプルモダンや和モダンの住宅設計を行う一級建築士設計事務所
永森建築事務所ブログ 建築家 永森 靖二
http://www.ynagamo.com/blog/

地鎮祭の流れ~下準備から開始まで~

N邸の地鎮祭が執り行われました。

開始時刻になるまでに、神主さんの準備のお手伝いから始まります。

テントの組み立てや、お供え物を並べたり、山を綺麗に整えたり。

ちょっとした下準備を終えてから地鎮祭が開始します。



所長も地鎮祭の準備は手慣れたものです! :happy01:

まずは修祓(しゅばつ)の儀により、参列者の心身を祓い清める行事から始まります。


兵庫県姫路市でシンプルモダンや和モダンの住宅設計を行う一級建築士設計事務所
永森建築事務所ブログ 建築家 永森 靖二
http://www.ynagamo.com/blog/

地鎮祭

新たな現場の始まりの時を迎え、地鎮祭が執り行われました。

地鎮祭は一般的に神式で行われております。


参列者の心身を祓い清め、その土地の守護神をお迎えし、お供えをし、祝詞(のりと)を捧げて、工事の無事進行、竣工と、土地・建物の安全、堅固、弥栄を祈願して古式に則って行います。 :happy01:


兵庫県姫路市でシンプルモダンや和モダンの住宅設計を行う一級建築士設計事務所
永森建築事務所ブログ 建築家 永森 靖二
http://www.ynagamo.com/blog/

メーカーから取り寄せた仕上げ材のサンプルをもとに現場にて打ち合わせ

設計段階では室内の壁や床などの材料の寸法や配置、色のイメージを決めておきます。

実際に工事が始まってから、メーカーから取り寄せた仕上げ材のサンプルをもとに現場にて打ち合わせを行います。


お施主様のイメージと、設計事務所のアドバイス、建具屋さんの専門知識、現場監督の施工側の意見を交え、色合いや組み合わせを確認しながら最終決定をしていきます。

建築設計事務所ならではの家造りでお施主様のご要望にお応えいたします。 :happy01:


兵庫県姫路市でシンプルモダンや和モダンの住宅設計を行う一級建築士設計事務所
永森建築事務所ブログ 建築家 永森 靖二
http://www.ynagamo.com/blog/

現場監督さんと設計事務所の打合せの風景

現場監督さんと設計事務所の打合せの風景です。

設計事務所の意匠図面を元に現場監督さんが施工を進めていきます。

現場が進む中で、今まで平面だった間取りが立体的になり、実際に家の中を動き回ることによって照明やスイッチ、コンセントの位置など、お施主様との打合せによる変更はつきものです。


その都度、しっかりとした打合せを行い、設計事務所の伝えたい大事な意図をイメージスケッチにて明確にすることで、現場監督さんと寸法やデザインの最終確認をします。

例えば、建具と壁の関係、階段と手すりや床との関係、材料と材料の間に生まれる目地を何と揃えて整理していくのかなどです。

ちょっとした細かな内容に思えることが、実際に空間が完成したときに、より美しいものとなります。 :happy01:


兵庫県姫路市でシンプルモダンや和モダンの住宅設計を行う一級建築士設計事務所
永森建築事務所ブログ 建築家 永森 靖二
http://www.ynagamo.com/blog/

カーテンウォール図面

先日、打合せをした業者さんより、カーテンウォールの図面を送って頂きました。

建築設計には意匠設計、構造設計、設備設計などの分野があります。

カーテンウォールとは店舗などの、おもにガラスやアルミニウム製のパネルで、建物の重さを支える構造材としての役割を持たない間仕切り壁と同様の非耐力壁です。

意匠図面で描いた寸法をもとにカーテンウォール専門業者にて特徴、実際の納まり方の作成をお願いし、意匠図面に反映していきます。

鉄骨造のときには意匠設計をもとに構造設計業者へ、お風呂やキッチンなどは意匠設計をもとに設備設計業者へと専門分野へ設計をお願いするこによって、図面がより深く詳しいものになり、空間のイメージが鮮明になっていきます。 :happy01:


兵庫県姫路市でシンプルモダンや和モダンの住宅設計を行う一級建築士設計事務所
永森建築事務所ブログ 建築家 永森 靖二
http://www.ynagamo.com/blog/

発砲ウレタンの吹き付けによる断熱

暮らしていて、壁の中にあるために見えない断熱材。

これには多くの種類があります。

今回、写真に載せているのは、発砲ウレタンの吹き付けによる断熱です。

現場にて吹きつけを行うので、綿密で断熱性はかなり高く、遮音性にも優れています。


この季節、朝と夜の気温差が大きく、体調を崩しがちですが、この断熱材は屋外の気温に対して影響されにくく、一定の気温を保ちやすいことがメリットだと思います。 :happy01:


兵庫県姫路市でシンプルモダンや和モダンの住宅設計を行う一級建築士設計事務所
永森建築事務所ブログ 建築家 永森 靖二
http://www.ynagamo.com/blog/

鉄骨造と木造

1階部分は鉄骨、2,3階部分は木造の現場です。

1階は鉄骨なので、木造とは違い、柱を多く入れる必要がありません。

ですので、大開口の空間が実現でき、駐車場として計画しました。


2、3階は、鉄骨のような熱伝導の高いものではない木造なので木自体の蓄熱性、呼吸性もありますし、断熱も施しているので、快適に過ごしやすくなります。

また鉄骨と木は地震などに対して揺れ方が違いますので、これらの接合部分は、ゴムのパッキンにより揺れを緩衝するなど、配慮をしています。

構造材の特徴をそれぞれ活かしています。 :happy01:


兵庫県姫路市でシンプルモダンや和モダンの住宅設計を行う一級建築士設計事務所
永森建築事務所ブログ 建築家 永森 靖二
http://www.ynagamo.com/blog/